エマーキット 副作用 危険

MENU

エマーキットの副作用は?危険があるのかチェック!!

エマーキットは、液だれをして目に入ると、腫れてしまったり充血してしまうという
副作用が起こることがあります。

また、目の周りが赤く色素沈着のようになってしまうこともあるようです。

 

この副作用は、エマーキットに含まれている、
フェノキシエタノールやパラベンによる
刺激が原因
と考えられています。

 

また、エマーキットは高濃度成分が配合されているので
効果が高い分、刺激も起こりやすいようです。

 

フェノキシエタノールやパラベンは、
多くのまつ毛美容液に含まれている成分で、
エマーキットだけに限った副作用ではありません。

 

しかしフェノキシエタノールやパラベンは、
敏感肌の人はとくに刺激を受けやすいため
まぶたが腫れてしまったり充血してしまうトラブルが起きてしまうようです。

 

副作用が起こらないためにも、使用するときには多く塗るのではなく、
サッとひと塗りするだけにしましょう。

多く塗ってしまうと、まつ毛から液が流れ、目に入りやすくなってしまいます。

 

また、まぶたや目の下など、余計な部分に液がついてしまうと
肌トラブルが起こりやすくなってしまうので注意しましょう。
万が一目に入ってしまったときにはすぐに水で洗い流すことが重要。

 

充血や腫れなどが治らない場合には、お医者さんに診てもらうようにしましょう。